「命の源」である土づくりを通じて
共に成長できる、
前向きな方を待っています。

代表取締役
小林 民雄

よい土は健康な作物をはぐくみ、それを食べる人間も健康にします。地球環境や人のからだの「健康」に直結するのが、土づくりの仕事の醍醐味です。

私がこの仕事を始めたのは約40年前。今のみなさんと同じように、大学を卒業してすぐのことです。当時は田植機が普及し、水稲の育苗箱用の土の需要が伸びていました。私は経済学部出身で土はまったくの専門外でしたが、「お客様に必ず喜んでもらうんだ」という気持ちで日々土づくりに励んできました。

どんなに難しそうなことも「できる」と思える前向きな人、大歓迎です。前向きな姿勢で困難も乗り越え、共に成長できる会社を築きましょう。

若手社員の私たちが率直に語ります!
~仕事・会社・就活のコト~

  • 品質管理部 松井壮

    社内勉強会の発表役。

    製造した土を物理的・化学的に分析する品質管理の仕事をしています。印象に残っているエピソードは、社内勉強会で発表役に挑戦したことです。私が参加した社外研修の内容を、社内で共有するための勉強会でした。研修内容をしっかり伝えられるか不安でしたが、入念に準備したおかげで先輩たちから「分かりやすかったよ!」とほめていただき嬉しかったです。

    出会った企業の数だけチャンスがある。

    私にとってホーネンアグリの魅力は、高齢化や後継者不足に悩む農家さんの力となり、農業の発展に貢献できること。学生時代は「自然に関わる仕事がしたい」と漠然と考えていましたが、「土を創る」会社があることを就職活動で初めて知りました。みなさんも視野を広く持ち、多くの企業と出会う機会を作りましょう。そうすれば必ず、自分の考え方と合う会社に出会えるはずですよ。

  • 製造技術部 渡部哲士

    社員とのコミュニケーションが魅力。

    生産農家様用や家庭園芸用の土の製造を担当しています。20kgの土の袋を運んだりして体力的に大変なこともありますが、明るい社員の人と一緒に楽しく仕事ができています。自分がミスをした時には先輩社員の人から「落ち着いてやれば大丈夫だよ」と優しく声をかけてもらい、今では自信をもって仕事できています。

    一人ひとりをしっかり見てくれる会社です。

    私は東京の大学に通っていましたが、就職に関して決めていたのは「新潟にUターンする」ということだけ。企業説明会でホーネンアグリに出会い、明るい雰囲気に惹かれました。話していても一人ひとりをきちんと見てくれていると感じ、こんな会社で働きたいと思いました。みなさんもやりたいことや理想の会社を見つけ、最後まであきらめずに頑張ってください。

  • 事務・営業サポート部 山田桃花

    お客様を笑顔に!

    事務・営業サポート部の仕事は多岐にわたります。伝票処理など、パソコンに向かって仕事をしているだけではなく、来社されるお客様の対応などもあり、お客様と接する機会があります。電話対応や受付対応では、明るく元気に対応することを心がけているので、お客様の笑顔や「ありがとう」の言葉をいただけると、とても嬉しいですね。

    私は採用活動も担当していて、学生のみなさんに当社の魅力を伝えるのも大事な仕事です。

    必要なのはやる気。出身学部は問いません!

    ホーネンアグリは社員同士の仲がよく、コミュニケーションが盛んです。社員のスキルアップにも力を入れ、研修制度が充実しているので、やる気さえあれば出身学部は関係ありません。

    就活と学業の両立は大変ですが、計画を立てて行動することをおすすめします。頑張った日、疲れた日はいったん休んでリフレッシュして就活を乗り切りましょう!